変節と自己保身と無責任

空気を読んで自己保身をはかる、身替わりのはやさ。

さすがウヨク政治家である。

原子力推進役の一人、中曽根元首相が突如、自然エネルギー派に変節

科学技術庁長官や原子力委員会委員長を歴任するなど、原発推進の先駆者だった中曽根康弘元首相が最近、自然エネルギー推進を主張し始め、世間の耳目を集めている。

6月26日、神奈川県などが横浜市で開いた「太陽経済かながわ会議」にビデオメッセージで登場し、「原子力には人類に害を及ぼす一面がある」「自然の中のエネルギーをいかに手に入れて文化とするか(が大事)」などと主張した。

政治家現役のころから「風見鶏」の異名をもっていた中曽根氏だが、世間の評判は「さんざん原発を推進しておいて何をいまさら」や「脱原発に回ってもらえるなら風見鶏も大いに結構」などと賛否が渦巻いている。

日本の原子力発電は、研究開発費が始めて国家予算に計上された1954年がスタートとされているが、予算を提出したのは、当時改進党に所属していた中曽根康弘元首相らだ。

中曽根氏は6月26日、「太陽経済かながわ会議」にビデオメッセージで登場した。このシンポジウムは、太陽光発電を中心とした新たなエネルギーに基づく経済社会の構築を神奈川が率先して取り組み、全国に発信するのが目的だった。

黒岩祐治神奈川県知事のインタビューに答える形でスクリーンに大写しされた中曽根氏は次のように語った。

「人間の発展は、自然の中のエネルギーをいかに手に入れて文化とするかであり、それが人間と自然の関係です。原子力という巨大なエネルギーも人間のために有効利用するというのが知恵で、自然との闘いを部分的に克服してきました。しかし、原子力には人類に害を及ぼす一面もあって、それを抑えるのが人間の文化と歴史です。今回の事故もその中で捉えたらいいかと思います」

黒岩知事がシンポジウムのテーマである『太陽経済』について尋ねると、「太陽の恵みをエネルギーとして活用したいという努力はある程度成功したが、エネルギー量としてはこれからの課題」と答えた。そして、次のように締めくくった。

「これからは太陽エネルギーに転換していく段階でしょう。これをさらに上手に使うというのが文明であり進歩。これからは日本を太陽国家にしていきたい」

最後は堂々の応援メッセージだったが、御年93歳にして弁舌滑らか、風見鶏ぶりは今なお健在の様子だった。

ビデオメッセージの後は、黒岩祐治知事がコーディネーターを務め、三菱総合研究所の小宮山宏理事長、ソフトバンクの孫正義社長、南川秀樹環境事務次官、一般社団法人太陽経済の会の山崎養世代表理事らによる特別セッションが行われた。

その中で孫正義社長は「さすが黒岩元キャスター、原発推進の中心だった中曽根さんに『これからは太陽国家』であると断言させたのは見事な金星。歴史的な転換点」と何とも微妙な言い回しで感想を語った。

出席者からは、菅直人首相が成立に意欲を示す再生可能エネルギー特別措置法案について「太陽光発電の普及に必要」と早期成立を求める声が相次いだ。(横山渉)

(『Yahoo! ニュース・6月27日(月)19時14分配信』から)


戦争中は慰安所をつくり、女性たちを陵辱した中曽根。

戦時中は天皇制ファシズムを支持し、戦後は自由民主主義を掲げた。

戦後は原発を各地につくり、多くの被曝者を生んだ中曽根。

「フクシマの情報公開怠り住民被曝」 NYタイムズ報道

 東京電力福島第一原発の事故をめぐり、米ニューヨーク・タイムズ紙は9日付紙面で、日本政府が緊急時迅速放射能影響予測(SPEEDI)のデータを事故直後に公表することを怠ったために、福島県浪江町など原発周辺自治体の住民らが被曝(ひばく)している可能性が高いと伝えた。

 長文の記事は、菅政権との対立で4月に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘・東大大学院教授が、事故直後にSPEEDIのデータ公表を政府に進言したが、避難コストがかさむことを恐れた政府が公表を避けたと指摘。「原発事故の規模や健康被害のリスクを過小評価しようとする政府に対し、社会の怒りが増大している」と論評した。

 そのほか、原子炉のメルトダウンを裏付けるデータ公表の遅れや、校庭での放射性物質の基準値をめぐるぶれなども問題視した。(ニューヨーク=田中光)

(『朝日新聞WEBサイト・2011年8月10日1時45分』から)


原発は、事故を起こさなければ誰も被曝しない、というわけではない。

事故がなくてもつねに被曝者を生み出す。

国内でも、国外でも。

オーストラリア先住民 ウラン鉱区開発反対を貫く 

ユネスコ世界遺産委員会が国立公園編入を決定
  

細川弘明

 パリで開催中のユネスコ世界遺産委員会において、北オーストラリアのクンガラ Koongarra 地区を世界遺産「カカドゥ国立公園」に編入することが決定されました。これで、同地区でウラン採掘権をもつ仏・アレバ社(旧・フランス国立原子力開発機構)によるウラン採掘は不可能となりました。30年以上にわたりウラン開発に抵抗を続けてきたグンジェイッミ・アボリジニーの希望が、やっと1つ叶いました。

 次は、操業中のレンジャー・ウラン鉱山の閉鎖、そしてカカドゥ国立公園への編入、そして、「凍結」中のジャビルカ鉱区の開発断念、そしてカカドゥ国立公園への編入 ── これらの実現をめざしていきましょう。

  クンガラ鉱区では、日本の旧動燃(現・核燃サイクル機構)もナチュラルアナログ試験を繰り返すなど、開発に関与してきました。

  グンジェイッミ先住民族法人(GAC)のプレス発表(英語)およびクンガラ地区の土地権代表者であるジェフリー・リーさん(Djok Gundjeihmi氏族)の声明(グンジェイッミ語と英語翻訳)はこちら↓です。
http://www.mirarr.net/media/GAC_media_UNESCO_27_June2011.pdf


【注釈】
(1)クンガラの先住民族土地権をもつジョック(Djok Gundjeihmi)氏族とレンジャーおよびジャビルカの先住民族土地権をもつミラル(Mirarr Gundjeihmi)氏族は、ともにグンジェイッミ語を話すアボリジニー集団で、相互に親族関係にあり、多くの神話・儀礼を共有しています。(グンジェイッミ語の表記で dj は英語の j に近い音、h は声門閉鎖子音です。)

(2)ジャビルカ(Djabulukku、英語表記ではJabiluka)、レンジャー、クンガラの3つのウラン鉱床地区は、カカドゥ国立公園の中に位置しますが、ウラン開発のために国立公園(および世界遺産)指定から除外されるという不自然な状態が続いてきました。このことは、世界遺産委員会でもこれまでたびたび問題視され議論されてきましたが、今回、クンガラのカカドゥ編入という至極まっとうな結論が出たことは、ジャビルカ開発問題の今後にも強い影響をおよぼすと考えられます。

----------------------------------------------
細川弘明拝 twitter.com/ngalyak
━━━━━━━━━━━━━━━━━

(『日刊ベリタ・2011年07月01日12時21分掲載』から)


原子力村の連中は原発利権の構造をつくってきた。

彼らは、弱者を犠牲にしながら、甘い汁をたっぷりと吸ってきた。

朝日がん大賞に山下俊一さん 被曝医療に貢献

 日本対がん協会(垣添忠生会長)は、今年度の朝日がん大賞と対がん協会賞の受賞者を1日付で発表した。大賞には長崎大学大学院教授で、7月に福島県立医科大学副学長に就任した山下俊一さん(59)が選ばれた。チェルノブイリ原発事故後の子どもの甲状腺がんの診断、治療や福島第一原発事故による福島県民の健康調査や被曝(ひばく)医療への取り組みが評価された。2日に鹿児島市である「がん征圧全国大会」で表彰する。

 日本対がん協会賞を受賞した個人と団体は次の通り。(敬称略)

 【個人】医療法人西山医院理事長、西山順三(72)▽神奈川県予防医学協会常務理事、井出研(80)▽青森県総合健診センター前理事長、吉田豊(81)▽結核予防会放射線技師協議会顧問、赤松暁(70)▽鹿児島県医師会前会長、米盛学(78)▽町立辰野総合病院前院長・元長野県医師会消化器検診検討委員長、松崎廉(69)

(『朝日新聞WEBサイト・2011年9月1日6時0分』から)


山下俊一は、「ニコニコ笑っていれば放射能の被害は受けません」
と言ってのけたことで知られる御用学者である。

朝日新聞社はその人物を福島原発事故のあとに表彰してみせた。

関東では桜も散りはじめた。

原発事故から1年以上経っている。

そしていまだに誰も責任をとっていない。










この記事へのコメント

  • りくにす

    「タカ派」中曽根康弘は新自由主義批判の本では「対米従属・新自由主義経済推進」とされていますよね。そこらへんがよくわかりません。
    アメリカ様に核開発の「お許し」を頂いたらあとはこっちのもの、という戦略だったのでしょうか。
    あるいは軍に身も心も捧げていたために、敗戦のショックも人一倍で、「アメリカに絶対逆らってはならない」という思考回路に支配されてしまったのでしょうか。
    伝え聞くところによるとアメリカ軍は省エネ軍用機とバイオ燃料で中東の石油からの脱却を図ろうとしているとのこと。そういう方向で「強い日本」を夢見ることも可能だと思いますが、
      黒潮を利用した海流発電→風力・地熱同様、電力しか生み出さない。
          乗り物には使えない。攻撃対象にもなりうる。
      森林から供給される木質燃料ペレット→灰が出るので乗り物に不向き。
          それに現在は放射能汚染が心配。
      バイオ航空燃料→この件には詳しくないのでよく分からないが、
          やはり土地が広いアメリカ向きだと思う。
    …なので、やはり国防向きではないのでしょう。生活志向で平和的にしか使えなさそうです。
    どうせ変節するなら「新自由主義」から脱却して、真の「国士」になって頂きたいものですが。
    2012年05月06日 12:26
  • 影丸

    ◆りくにすさま

    こちらにもコメントしてくださったのですね、ありがとうございます。

    戦後日本の右派はアメリカによって助けられたので、必ず対米従属になるのです。CIAからお金までもらっていたのですからね。

    新自由主義の問題はたくさん明らかになっているのに、まだまだ日本人はこのイデオロギーに拘束されていると思います。橋下徹も人気があるみたいですしね。
    2012年07月19日 11:23

この記事へのトラックバック