フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三による茶番劇

<<   作成日時 : 2014/05/22 11:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

5月15日、軍国主義者の安倍首相が解釈改憲の検討を発表した。

右翼の安倍首相は、みずから設置した私的懇談会の報告にもとづき、
つまり何の民主的正当性も持たない集団による、
はじめから結論が決まっていた懇談会の報告にもとづき、
集団的自衛権の行使を認める検討に入ると表明したのだ。

特集・集団的自衛権」(朝日新聞ウェブサイト)を参照。

あらかじめ反対派を排除するやり口は、原発とまったく同じである。

極右の日本政府は学習能力を欠落させていると言うほかない。

軍国主義者安倍首相の記者会見は、
ニュース番組が生放送できる時間帯に設定され、
NHK、民放各局はきちんとそれを生中継した。

右翼の安倍首相は、この会見で、パネルを用意して、
いかに集団的自衛権の行使が必要かを熱心に説明してみせた。

ネット上では早速この紹介された事例がいかにおかしいかが指摘された。

荒唐無稽な非現実的ケースばかりだったからだ。

そもそもイラクで日本人ボランティアが武装勢力に人質になったとき、
彼らは何と言っていたのか?

自己責任、自業自得、と言ったのだ。

福島や沖縄に犠牲を強いておきながら、
生活苦のひとびとを大量に生み出しておきながら、
医療も受けられないひとびとを死においやっておきながら、
よくもいけしゃあしゃあと「国民の命を守るため」と言えたものだ。

軍国主義者の安倍首相は世界中から失笑を買った。

だが、おかしかったのはそれだけではなかった。

これは辛淑玉も指摘していたことであるが、
安倍晋三が使ったあのパネルの写真をよく見てほしい。

なんと、あそこには沖縄がなかったのだ。

北海道を入れない日本列島のイラストがあるか?

本州や九州や四国を入れないイラストがあるか?

しかるに、沖縄はイラストに記載されていなかった。

沖縄だけではない。

尖閣諸島も入っていなかったのだ。

なんのことはない。

彼らは、沖縄も尖閣諸島も、はなから「固有の領土」だと考えていないのだ。

そのことが図らずもバレてしまった、間抜けな会見であった。

自称愛国者のレベルとはこの程度のものなのだ。

彼らは例外なく無能である。

そのうえ、社会や世界に有害である。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍晋三による茶番劇 フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる