フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS 石川准『見えないものと見えるもの』(医学書院)

<<   作成日時 : 2012/05/05 17:57   >>

トラックバック 0 / コメント 1

「障害学」から多くのことを学ばせてもらう。

健常者の「善意」と「本音」に陰湿な「暴力」が潜んでいるからである。


  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


盲目のひとは、本の活字を視覚的にとらえることはできない。

しかし、本を読めないことは、数多くの不利益につながる。

点字なら読めるが、点字の本が充実していないと、生活は制限される。

1970年代には大学生たちが「読書権」を主張するようになる。やがて東京都立中央図書館をはじめ多くの公共図書館で、ボランティアの協力を得て対面朗読がはじまった。(14頁)


権利は、発見されていく。

権利は、主張されることで実現していく。

しかしながら、障害者はつねに理不尽な困難に直面させられる。

世間は障害者の権利主張をときに「ワガママ」と見なすからだ。

実際、当ブログにもその種のコメントが以前寄せられてきた。

障害者が日々を、懸命に、でも謙虚に生きているうちは評価される。

障害者がおとなしくしているうちは、世間も同情してくれる。

だが世間の許容範囲を超えて自己主張すると、「ワガママだ」と言われる。

障害者のくせに「権利」ばかり主張するな、と言われてしまう。

なぜなのだろうか?

この問題を考える手がかりが著者によって鋭く提起されている。

早速見てみよう。

この社会には、誰もが共有できるはずの原理がある。

各自の「自己決定の尊重」である。

 けっきょく人の自己決定を積極的に尊重しようという場合に問題になるのは、優先順位である。資源が有限である以上、誰のどのような自己決定を優先して実現するのが平等なのかを決めなければならない。(238頁)


著者はここで「効用の平等」という考え方を検討する。

仮にAさんもBさんも喉が乾いていたとする。

Aさんは持っていた水で喉を潤したが、
Bさんはそれができなかったとする。

このとき、AさんはBさんに持っている水を分け与えてやれば、
Bさんも喉の渇きを潤すことができる。

両者とも同じ満足を得ることができる。

このように両者が平等に幸福を得られることは正しいことだ、
と考えるのが「効用の平等」である。

だが、この原則ではうまくいかないケースが出てくる。

たとえばAさんとBさんがともにワインを飲みたがっているとする。

Aさんはどんなワインでもいいと言い、
Bさんはシャトー・マルゴーの95年か89年がいいと言う。

Aさんは安いワインでも満足できるが、
Bさんは高級ワインでなければ満足できないとする。

この場合、両者の要求は等しく扱われるべきなのだろうか?

 水を飲みたいというような切実なニーズについては効用の平等でも話はうまくいく。しかし、生きていくうえでの切実なニーズは人によって大きく異なることはないので、「効用」というような主観的な概念をあえて持ち出す意味はない。むしろ効用は嗜好の「違い」に対応するためにこそ提案されていると解釈すべきだろう。だが、ぜいたくな嗜好とつつましい嗜好を前にして立往生してしまう。
 だから私は、効用主義の立場は採らない。そもそも社会は、「多様」な他者を厳密に「等しく」尊重することは不可能だ。だが、ここまでだったらできるということはあるはずだ。それでみな満足すべきではないかと考える。(239頁)


こうして著者は「効用の平等」を斥ける。

では著者の考えはどのようなものなのだろうか?

 私の考えはこうだ。多様な身体をもつ人々が、切実なニーズとともに多彩かつ平均的な嗜好をもつときに不平等が生じないように配慮する。これを「効用の平等」に対して「配慮の平等」と呼ぶことにする。(239頁)


さて、この「配慮の平等」とはどのような考え方なのだろうか?

 まず切実なニーズへの配慮は絶対である。それがないと人は生きていけない。「絶対」というのは、実現するための費用の違いを考慮すべきでないという意味だということはいうまでもない。
 世の中には多様な身体をもつ人がいる。身体の多様性に対する配慮も絶対であり、どんな少数者も切り捨ててはならない。これを絶対的とするのは、身体の特性は変更不可能だからだ。
 また世の中には多彩な嗜好をもつ人がいる。ワインに趣味のある人、旅行好きの人、登山家、映画ファン、音楽愛好家、読書家など人の嗜好は多彩である。この嗜好の多彩さ、嗜好の種類の多様性に対しても極力配慮すべきである。なぜならそれは生活の質を構成する重要な要素だからである。ただしあまりに特殊な嗜好であって、その嗜好への配慮が過度な負担となる場合は社会的配慮の対象から外さざるをえない。
 一方個々の嗜好の種類のなかでの多様性についてはむしろ配慮すべきではない。つまり、ぜいたくな嗜好は尊重しなくてもよく、つつましい嗜好に対しては、遠慮はいらないといえばよい。
 「切実なニーズ」と「嗜好」の線引きは人々の常識からボトムアップ式に抽出すればよい。というかそれしかできない。嗜好の多彩さを構成する「嗜好集合」の要素をどう抽出するかはみなで話し合って決めるしかない。その際には、提案された嗜好のそれぞれが、あまりに特殊かつ費用のかかる嗜好でないかどうかの選別をおこなわなければならない。(239−240頁)


切実なニーズとぜいたくな嗜好の境界線は、民主的に決める。

少なくとも特定の誰かが一方的に決めるべきではない。

 たとえば、AとBには全身性障害があり、CとDはいわゆる健常者であるとする。AとCの嗜好は多彩だが平均的であり、特別つつましくもぜいたくでもない。どうしてもエベレストに登りたいという嗜好はない。どうしても海外でぼけっとしたいという嗜好もない。一方BとDは、やはり多彩な嗜好をもっており、それらのほとんどは平均的なものだが、じつは一つだけ特殊な嗜好がある。そう、エベレスト登頂への癒しがたい憧憬である。(240頁)


整理してみよう。

Aさんは、全身性障害があり、ごく平均的な嗜好しか持っていない。

Bさんは、全身性障害があり、特殊な嗜好を持っている。

Cさんは、健常者であり、ごく平均的な嗜好しか持っていない。

Dさんは、健常者であり、特殊な嗜好を持っている。

 Cは自分の収入で切実なニーズを満たしつつ、自分の嗜好のなかからいくつかを選び、それらを満足させているとしよう。Dは自分のお金でエベレスト登山を実現しているとしよう。この場合AもBも、Cと同じことができるようにするのが配慮の平等である。(240−241頁)


すべてのひとがエベレストに登れるようにする必要はない。

だが、平均的なニーズはすべてのひとに満たされるよう
配慮されなければならない。

これが「配慮の平等」だ。

では、これを実現するにはどうすればよいのだろうか?

 AとBは目下のところ働けないとしよう。まずAとBの所得保障を充実させ、CやDの所得にできるだけ近づける努力をする。CとDはなにほどか拠出しなければならない。だが拠出が大きすぎると不満に思うのはしかたのないことだ。そこで話し合ってお互いに納得できる額の拠出を模索することになる。
 それから、AとBの切実なニーズや多彩かつ平均的な嗜好を満たすような財やサービスの社会的供給を実現する。ただしBの特殊な嗜好は除外する。市場原理だけでは供給されないような財については、公的セクターがなんらかのテコ入れをおこなう。たとえ市場において供給がなされたとしても、AやBが必要とする道具は価格が割高になりがちなので、公的助成をおこなって価格差を埋める努力をする。社会の種々のインフラをバリアフリーにして選択の自由を広げるのはいうまでもない。
 おこなうべきことは無数にあるが、このようにしていくことが自己決定の積極的尊重だと考えてはどうか。私たちは繊細に、丁寧に人の自己決定に耳を傾けるべきではないだろうか。そのための方法を工夫すべきではないだろうか。


水を飲むことは贅沢な嗜好だろうか?

まさか。

食べ物を食べて飢えないようにすることは贅沢か?

まさか。

障害者がバスに乗るのは、贅沢な嗜好だろうか?

まさか。

そんなはずはあるまい。

障害者が映画館で映画を観るのは贅沢な嗜好だろうか?

まさか。

きわめてつつましい願望にすぎないだろう。

だから、バスや電車、デパートや映画館などは、
すべてのひとが利用できるように「配慮」するのが当然である。

これがバリアフリーである。

この程度の当たり前が、ついこの前まで日本では当たり前ではなかった。

どうしてなのだろうか?

 「配慮を必要としない多くの人々と、特別な配慮を必要とする少数の人々がいる」という強固な固定観念がある。しかし、「すでに配慮されている人々と、いまだ配慮されていない人々がいる」というのが正しい見方である。多数者への配慮は当然のこととされ、配慮とはいわない。対照的に、少数者への配慮は特別なこととして可視化される。(242頁)


ここからが本書の重要なところだ。

わたしたちの多くは、こう考える。

わたしたちは、仕事もしているし、普通に生活できている。

でも、世の中には「特別な配慮」を必要とするひとたちがいる、と。

そのときひとびとが思い浮かべるのは高齢者や障害者である。

だが、この考え方は根本的に誤りである、と著者は言うのだ。

世の中に「配慮を必要としないひと」と「特別な配慮が必要なひと」が
いるのではない。

そうではない。

「すでに配慮されているひと」と「まだ配慮されていないひと」がいるのだ、
と著者は言う。

 たとえば、階段とスロープを比較してみよう。なぜ階段は配慮でなくスロープは配慮なのか。試しに階段を壊してみればよい。階段がなくても二階に上がれるのは、ロッククライマーと棒高跳びの選手ぐらいのものだ。だったら階段だって配慮ではないか。
 講演では、講演者はレジュメを用意するように求められる。分野によってはスライドを見せるのが常識となっている。かくいう私も情報系の講演ではつねにパソコンでスライドを見せる。これらもまた配慮なのだが、それをしないと受講者は手抜きと感じる。一方聴覚障害者のために要約筆記や手話通訳を用意するシンポジウムや講演会は、きわめて例外的である。点字のレジュメが配られることも同様にきわめて例外的だ。
だが、それらが提供されれば、障害者に配慮しているセミナーだと、一般の受講者は感心したりする。これは論理的にはおかしなことだが、不思議だと思う人はほとんどいない。自分への配慮は当然のことであり配慮とは思わないが、他者への配慮は特別なことと感じてしまう。そして、その非対称性に気づかない。
市場を通して提供される配慮は、ユーザビリティと呼ばれサービスと呼ばれ、けっして配慮とはいわれない。一方、市場に任せておいても提供されない配慮は、公的セクターにより部分的に提供され、残りは人々の善意や優しさに期待がかけられる。
 いずれにせよ、それらは特別な配慮とされる。市場は、非良心的な行動が褒美を受け、良心的に仕事をすると経済的に破滅するメカニズムだというのに、人々は市場メカニズムが作動して実現したことは「当然のこと」とみなし、公的セクターやNPOなどにより実現したことは「特別なこと」「善意の証」と考える。奇妙なことだが、多くの人々はこの枠組みを疑わないし、市場のそうした性質に気づかないか、気づいてもやむをえないとしか言わない。
 さらにはこうも言うことができる。多数者ほど配慮され、少数者ほど配慮されないというだけでなく、「できる人ほど配慮され、できない人ほど配慮されない」、あるいは「強い人ほど配慮され、弱い人ほど配慮されない」と。さらにこういうことにも気づく。「強い立場にある人ほど配慮を要求でき、弱い立場の人ほど配慮を提供しなければならない」。
 「すでに配慮されている人々と、まだ配慮されていない人々がいる」という視点を獲得したときに、平等についてのセンスは一気によくなる。
 私は、誰もが、そこそこ元気に、自由に、つつがなく暮らせる社会がいちばん良い社会だと思う。ハイリスク・ハイリターンの人生が好きだという人もいるだろう。もちろん安心して暮らせる社会でもそのような生き方は可能だ。エベレスト登山でもヨットでの世界一周でも、できる人、やりたい人は自由にやってもらってかまわない。そしてお好み通り、それはぜいたくな嗜好として配慮の平等の外に置かれることになるだろう。(242−243頁)


多くのひとは、自分たちが「すでに配慮されている」ことに無自覚だ。

駅構内にスロープやエレベータが設置されると、
車椅子のひとのための「特別な配慮」だと思ってしまう。

だが、階段があってのぼりおりできるのも、「配慮」ではないのか?

車椅子用のトイレが設置されると、「特別な配慮」と感じる。

だが、何の不自由もなくトイレを使えたひとにとって、
トイレがあったこと自体がすでに「配慮」なのではないのか?

公衆トイレやデパートのトイレに助けられたひとも少なくないはずだ。

わたしたちは、自分への「配慮」はあって当然と見なすが、
障害者への「配慮」は「特別なもの」と見なす。

わたしたちが安全に道路を渡れるのは、信号機が設置されているからだ。

これも「配慮」である。

なのに、音声付き信号機が設置されると、
これを「視覚障害者のための特別な配慮」だと思ってしまう。

「特別な配慮」と見なすひとたちは、
自分たちが「すでに配慮されている」ことに無自覚なのである。

「特別な配慮」と見なすひとたちは、ジコチュウなのだ。


  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


ただし、ここで注意しなければならないことがある。

この話は健常者・障害者にだけ当てはまるわけではないということだ。

いくらでも類似の事例を思い浮かべることができるのではないか?

高齢者の医療費補助は高齢者のための「特別な配慮」だ、と思い込む。

生活保護は生活できないひとのための「特別な配慮」だ、と思い込む。

母子加算は母子家庭のための「特別な配慮」だ、と思い込む。

優先席は高齢者や障害者のための「特別な配慮」だ、と思い込む。

女性専用車両は女性のための「特別な配慮」だ、と思い込む。

駅などの英語・中国語・韓国語の表示は
外国人のための「特別な配慮」だ、と思い込む。

これらを「特別な配慮」と感じるひとは、
自分が「すでに配慮されている」ことに無自覚なのだ。


  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


2006年、ビジネスホテルの「東横イン」で、
障害者用の設備を違法改造していた事件が発覚した。

2003年、熊本県の黒川温泉「アイレディース宮殿黒川温泉ホテル」で、
ハンセン病元患者らが宿泊を拒否されるという事件があった。

こうした事件も、「配慮の平等」という観点から考え直すとよい。

そして、規制緩和論者・市場主義者の正体を見つめ直すとよい。


  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


さて、「配慮の平等」という考え方がなぜ重要なのか?

それは、障害者の権利主張を「ワガママ」として抑圧させないためである。

マイノリティの権利主張を「ワガママ」と見なさないためである。

誰もが配慮されて当然のことは、配慮されねばならない。

近年、在日外国人を「特権」を享受するひとと表象する極右が台頭しているが、
極右のヘドが出るような自己中心性がよく分かるのではないだろうか?

当ブログにかつて意地悪なコメントを書き込んできたひとも、
障害者による自己主張を「ワガママ」と見なしていたわけだが、
自分だけは「配慮されて当然」と考えていたのではないだろうか?

著者のレトリックがなかなかうまいと感じるのは、
議論の前提に「各自の自己決定の尊重」を置いているところだ。

つまり、この前提を共有するなら、
誰もが「配慮の平等」を認めざるをえなくなるような仕掛けになっているのだ。

フェミニズムを揶揄するひと。

障害者運動を批判するひと。

反貧困の運動をバッシングするひと。

黒人解放運動を非難するひと。

在日外国人を口汚く罵るひと。

労働組合運動を批判するひと。

自己責任論を振りかざすひと。


こうしたひとたちは、自己中心的で卑劣なひとたちである。

わたし自身は、じつは、
この「配慮の平等」という考え方は、
真の民主主義にとっては欠陥があると考えている。

だが、いまだにマイノリティへの施策を「特別な配慮」と見なす
ひとが多い日本では、意味のある考え方だとも思っている。

本書は、ぜひ多くのひとに読んでもらいたい本である。










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
◆zennnoさま

記事と無関係な、そして意味不明な書き込みは承認いたしませんので、ご了承ください。あちこちにこういう書き込みをなさっているのでしょうか? 相手がまちがっていると思いますよ。
影丸
2012/07/28 13:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
石川准『見えないものと見えるもの』(医学書院) フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる