フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS 村上春樹『ノルウェイの森』全2冊(講談社)

<<   作成日時 : 2009/06/05 13:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「エルサレム賞」の受賞スピーチが話題になった村上春樹の作品。

『ノルウェイの森』と題されたこの小説は、ノルウェイが舞台ではない。

舞台は日本である。

タイトルは、ザ・ビートルズ「ノルウェイの森」から取っただけ。

恋愛小説?

純愛小説?

とんでもない。

これは単なる中途半端なエロ小説である。

J・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』は、
主人公の一人称の語りで書かれたどうにも退屈な小説で、
ほとんど読むに耐えないものなのだが、
アメリカでは教師が「これなら」と思って学生によく読ませているらしい。

それと似ているのが『ノルウェイの森』で、
エロ話が盛り込まれている分、読者に「受けやすい」作品である。

あっという間に読めるのだが。






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
村上春樹『ノルウェイの森』全2冊(講談社) フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる