フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アトミック・カフェ』★★★☆☆

<<   作成日時 : 2009/03/04 22:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


ヒロシマ・ナガサキへの原子爆弾投下。

原水爆の実験。

被爆するひとたち。

米軍が撮影していた映像、米当局による原爆PR作品など、
すべて当時のフィルムだけを使って編集された作品である。

プロパガンダとはどういうものなのかがよく分かる。

いまわたしたちが観ると、あまりの滑稽さに苦笑してしまう。

だって、ソ連がアメリカに原爆を投下しても、机の下に隠れれば助かる、
とアメリカ当局は国民に説明していたのだから。

子どもたちが空襲警報とともに机の下に隠れる訓練が行なわれていたのだから。

いま観ると、あまりのバカバカしさに苦笑してしまう。

しかし、当時のひとたちは本当に信じてしまっていたのだろう。

そして、このプロパガンダの魔法から解けていないひとも、まだいるのだろう。

そういえば、『インディ・ジョーンズ』最新作でも、
主人公インディ・ジョーンズはこのレベルの魔法にまだ引っかかっていた。

一度は観るべき作品である。

(監督ケヴィン・ラファティ、ジェーン・ローダー、ピアース・ラファティ/1989年アメリカ)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アトミック・カフェ』★★★☆☆ フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる