フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS マイ・ボディガード(監督トニー・スコット)★★★★☆

<<   作成日時 : 2007/03/01 14:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


トニー・スコットの作品は、映画を感じる。

中南米では60分に1件の誘拐が起きている
犠牲者の70%は生還できない


舞台はメキシコ。

誘拐がビジネスになり、富裕層の子どもは格好の標的になる。

狙われる子どもの役は、ダコタ・ファニング。

雇われる護衛は、デンゼル・ワシントン。

脇役には、すっかり変わり果てたミッキー・ロークや、クリストファー・ウォーケン。

この子役は、芝居が異様に上手で、視線の向け方がとくにうまい。

邦題からすると、
ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナーの「ボディガード」のような、
甘ったるい心の交流を描いた物語を連想してしまうかもしれない。

しかし、この作品は、いっときも目が離せないアクション映画だ。

加工された映像が細かく挿入される編集テクニックに、少々戸惑うところもある。

じっとキャメラを据えて、
説得力のある画面で圧倒してほしいと思ってしまう部分もある。

けれども、音楽の使い方、空撮、ロングショットなどが、あまりに効果的だ。

これは映画だ、と感じさせてくれる。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイ・ボディガード(監督トニー・スコット)★★★★☆ フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる