フォーラム自由幻想

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡本祐三『デンマークに学ぶ豊かな老後』(朝日文庫)

<<   作成日時 : 2005/11/20 23:56   >>

トラックバック 1 / コメント 2

福祉国家デンマークは、充実した社会保障制度で知られている。

そして、この本を読むと、衝撃の連続である。

医療・ホームヘルプ・在宅ケアサービス・配食サービスなど。

これらはすべて無料。

もちろん、日本より税金は高い。

だからこれだけの社会保障制度を維持できるのだろう。

「高福祉・高負担」である。

けれども、冷静に比較すると、唖然とするところもある。

なぜなら、筆者も指摘しているように、
税金は高いけれども、将来のための貯金は不要であるし、
生命保険などにも加入する必要がないし、教育もほとんど無料なのである。

つまり、日本とデンマークの「可処分所得」を比べると、
10%程度しかちがいはないのだそうだ。

デンマークは「Bed is Bad」の発想にたって、「寝たきり老人」はゼロ。

日本は「寝たきり老人」ではなく、「寝かせきり老人」である、との
筆者の批判には、思わず考えさせられてしまうものがある。

もっとも、国民葬背番号制によって、情報を一元管理してしているという
デンマークのシステムには、注意しておかないといけないだろう。
















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「岡本祐三『デンマークに学ぶ豊かな老後』(朝日文庫)」について
「岡本祐三『デンマークに学ぶ豊かな老後』(朝日文庫)」について ...続きを見る
sendo
2005/11/26 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
流石は我が宗教観における師であるキルケゴールを生んだ国ですね!

しかし、私は老後を豊かに暮らしたいなんて望みませんね。
影丸さんはどうですか?
美芸
2005/11/21 09:27
美芸さん、コメントをありがとうございます!

同じ福祉国家でも、スウェーデンとデンマークでは、
ちがうようで、そこのところも読んでいておもしろい。

わたしは、寝たきりにさせられたり、
特養に収容されて職員に粗末に扱われたり、
洪水で施設に置き去りにされたりするのは、イヤです。
やっぱり豊かな老後を望みますよ。

自由に老後を生きたいと思っています。

美芸さんは、どんな老後をお望みでしょうか?
影丸
2005/11/23 01:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡本祐三『デンマークに学ぶ豊かな老後』(朝日文庫) フォーラム自由幻想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる